HOME 〉

最新号のご紹介 雑誌『料理通信』

雑誌『料理通信』2019年1月号

MAGAZINE




  • 2019年1月号 定価: 1,008円(税込) 雑誌(紙版)のご購入

    全国書店にて販売している他、オンライン書店でもご購入いただけます。(以下、一例)

    ※バックナンバーはFujisan.co.jp、バックナンバー常設店にてお求めいただくか、お近くの書店にてご注文ください。

    定期購読を申し込む


    お申し込みはこちらから
    デジタル版のご購入

      
    デジタル版(電子版)『料理通信』は下記のオンライン書店からご購入いただけます。(以下、一例)

    PCやスマートフォン、タブレット等、対応デバイスは各サービス会社にお問い合わせください。





  •  目次&中身を見る




    • 巻頭特集

      まだまだ日本人が気づいていない!
      イタリアの味づくりのコツ{裏ワザ編}

      • 時間と手間暇をかけた味づくりがリスペクトされる一方で、効率的に美味へ近づくための裏ワザも日々のキッチンでたくさん駆使されているイタリア。いますぐ試したくなる、おいしい裏ワザを一挙公開!

    • シェフが暮らして見つけた
      イタリア式味づくりのコツ

      • イタリアで暮らして身につけた“イタリア式”の味づくり。シェフ自身も意識しない程些細なひと手間、ひと工夫こそが、現地の味に近づく鍵だったりします。日本ではまだまだ知られていない裏ワザで本場の味を再現!


    • 食パンサンドイッチ
      「トラメッツィーニ」入門

      • イタリアのサンドイッチといえばパニーニが有名ですが、実は食パン系のサンドイッチもバルのショーケースに見かけます。中でもベネチアバージョンは、 具がこんもり。ワインのつまみにもいける大人の味に挑戦!


    • オリーブ油で作るイタリア家庭のお菓子

      • バターや砂糖のない大昔から、イタリアの食に欠かせない「オリーブ油」はドルチェでも使われています。おばあちゃんのおばあちゃんから受け継がれてきた&現代のイタリア家庭で作られる素朴でヘルシーな4品のレシピを紹介します。


    • 第2特集

      連載「料理上手と呼ばれたい」Special!
      もてなし上手と呼ばれたい

      • 年末年始のパーティーシーズン。人が集まる食卓は、どう作る? 慣れないとつい手をかけ過ぎますが、もてなし上手ほど気張らず、潔い。作る人も食べる人も幸せに(かつ気が楽に)なる、もてなし上手になる方法を学びましょう!


    • 映画に学ぶ&街場の達人に学ぶ
      人が集まる食卓の作り方

      • Part1では、外国映画に出てくるようなスマートで心温まる食卓を作るべく、有村昆さんと共にフランス人シェフに弟子入り! Part2では、ローリスク&ハイリターンなもてなしのコツを達人3名に教わります。


    • 人気連載

      生涯現役

      • 世間では定年と言われる年齢を過ぎても元気に仕事を続けている“生涯現役”な食のプロたち。今回は、三重・伊勢の酒場「一月家」で60年にわたって店に明るさをもたらす看板娘、森田礼子さん(御年83歳)です。

    •  目次&中身を見る




2019年バックナンバー


ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録