HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / EUROPE

France[Paris]
一ツ星シェフが手掛ける生産者の顔が見える精肉店

Dec. 6, 2019

  • 2019年7月、6区にあるフランスを代表する料理学校フェランディから目と鼻の先に、精肉店「グレゴワール」がオープンした。オーナーは同じ通りの一ツ星レストラン「カンスー」の料理人アントナン・ボネ。“おいしく、美しく、モラルに沿って”をモットーに、食品廃棄削減を目指しながら精肉やシャルキュトリーを販売する。       

    素材は100%オーガニックの仏産限定で、レストランと同じ畜産農家から直接買い付ける。店にはレストランでも提供するアヴェロン地方の郷土料理「フリカンドー」や、フダンソウと仔牛のミンチ料理「セベノール」などの惣菜も並び、週末にはローストチキンが登場する。

    「このところ菜食ブームが広がっていますが、肉食文化が絶えることはありません。良質な肉を誠実な方法で、なによりも公正な価格で提供する。近郊の農園から届く朝採れ野菜の付け合わせも拵え、エピスリーを供えた肉屋を目指します」とボネ。生産者の顔が見える食材に安心したい消費者が増え続け、売り上げも右肩上がりだ。

    (『料理通信』2019年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ La Boucherie Gregoire
    29 rue de L'Abbe Gregoire, 75006 Paris, France
    ☎+33.(0)1.42.22.58.41
    9:30 ~19:30(日曜~13:30)
    月曜休
    セベノール 3ユーロ/1個、自家製ソーセージ各種20ユーロ/1kg





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録