HOME 〉

JOURNAL

〉

JOURNAL / AMERICA

America [New York]
米国人シェフによる本格和食が話題に

Aug. 15, 2019

  • すしやラーメンが海外の食文化に浸透する中、「和食は日本人が作るもの」という先入観が崩れつつある。その認識を後押しする1人がデレック・ウィルコックス氏だ。

    バージニア州で育ち、名門調理師学校「カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ」を卒業後日本に渡り、京都「菊乃井」で7年、「銀座鮨青木」、東京のしゃぶしゃぶ店、和牛専門店などで計10年修業した経歴を持つ。その氏が2018年6月、全12席の鮨会席店「ショージ・アット・69 レナードストリート」の料理長に就任。以来『ニューヨークタイムズ』紙の三ツ星をはじめ、高い評価を得ている。

    「フランスやイタリアでの修業後、本国に匹敵する料理を作る日本人シェフは何人もいる。料理人の仕事に国籍は関係ないと思う」とウィルコックス氏。メニューは3種のおまかせのみ。伝統的なスタイルにこだわる氏曰く、「洋の要素を織り込めば、海外ではより受け入れられやすい。でも完成度の高い和の伝統の風味に、手を加える理由を考えつかないんです」。

    (『料理通信』2019年7月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Shoji at 69 Leonard Street
    69 Leonard Street, New York, NY 10013
    ☎+1-212-404-4600
    18:00~22:00 LO
    日曜休
    おまかせ 190ドル、252ドル、295ドル
    www.69leonardstreet.com





JOURNAL / AMERICA





JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / JAPAN





FEATURE / MOVEMENT





PEOPLE / PIONEER





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / CHEF





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録