HOME 〉

FEATURE



FEATURE / SDGs

FRaU × 料理通信コラボイベント vol.1レポート ~食を通じてつながる世界~ サステナブルな未来を耕すために。
FRaU × 料理通信コラボイベント vol.1レポート
~食を通じてつながる世界~
サステナブルな未来を耕すために。

これまで本サイトでも、国内外での取組み状況をご紹介している〝SDGs(エス・ディー・ジーズ)〞

Read More...

Feature / Sdgs   Mar. 29, 2019

2030年までに100%カーボンニュートラルを目指して。オージー・ビーフが取り組むサステナブル・フレームワークとは?
2030年までに100%カーボンニュートラルを目指して。
オージー・ビーフが取り組むサステナブル・フレームワークとは?

2015年9月に国連サミットでSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)

Read More...

Feature / Sdgs   Mar. 29, 2019

365日、名水生活 ~島根・隠岐(おき)諸島~ 島の名水が支える暮らし
365日、名水生活
~島根・隠岐(おき)諸島~
島の名水が支える暮らし

本土からおよそ60km離れた日本海に浮かぶ隠岐諸島は、「日本名水百選」に選ばれた名水の地のほかにも、島のあちこちに湧き水が点在する水の島。

Read More...

Feature / Sdgs   Mar. 6, 2019

海洋資源を巡るエコシステムを創る 北海シェフからの便り vol.5 「北海シェフ協会」がブランドになる。
海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.5 「北海シェフ協会」がブランドになる。

2016年から「北海シェフ協会」は、ベルギーで1、2を争う水産卸業者として知られるアイスランディック・ガデュス社と共同で事業を始めた。

Read More...

Feature / Sdgs   Feb. 8, 2019

シリーズ「海と魚の今とこれから」キックオフMEETUPレポート 3つの立場から魚の今を語る。
シリーズ「海と魚の今とこれから」キックオフMEETUPレポート
3つの立場から魚の今を語る。

魚のニュースが増えています。気候が変わって獲れなくなった、いやいや日本は獲りすぎだ。


Read More...

Feature / Sdgs   Jan. 10, 2019

2019年2月23日開催:FRaU × 料理通信 コラボイベント vol.1 ~食を通じてつながる世界~サステナブルな未来を耕すために。
2019年2月23日開催:FRaU × 料理通信 コラボイベント vol.1
~食を通じてつながる世界~
サステナブルな未来を耕すために。

コラボ第1回目は、本プロジェクトのキックオフとして、食を通じてSDGsを体感いただけるイベントを雑誌『料理通信』でもお馴染み、東京・深大寺の一軒家レストラン「Maruta」で開催します。
Read More...

Feature / Sdgs   Dec. 29, 2018

人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
人々が健やかに暮らすために。
プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー

一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
Read More...

Feature / Sdgs   Dec. 27, 2018

365日、名水生活 ~福岡・うきは市~
365日、名水生活
~福岡・うきは市~
「水源の森」が支える暮らし

今も上水道の設備を持たず、豊かな地下水と湧水が人々の暮らしを潤す福岡県・うきは市。「名水百選」、「水源の森百選」などの名所を持つ水のまちです。
Read More...

Feature / Sdgs   Sep. 6, 2018

海洋資源を巡るエコシステムを創る 北海シェフからの便り vol.4 二ツ星「ドゥ・ヨンクマン」の夏の魚料理
海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.4 二ツ星「ドゥ・ヨンクマン」の夏の魚料理

夏の「ドゥ・ヨンクマン」へ足を運んだ。本連載の主役である「北海シェフ協会」代表、フィリップ・クライス氏のレストランだ。

Read More...

Feature / Sdgs   Aug. 20, 2018

365日、名水生活 ~北海道・東川町~ 旭岳の源水が支える暮らし
365日、名水生活
~北海道・東川町~
旭岳の源水が支える暮らし

浄水器に通した水やペットボトルに入ったミネラルウォーターが暮らしの水として全国に浸透するなか、今も、蛇口から出た水がそのまま「おいしい水」として飲める地域があります。
Read More...

Feature / Sdgs   Aug. 6, 2018

海洋資源を巡るエコシステムを創る 北海シェフからの便り vol.3 もう「貧しい魚」とは呼ばせない。
海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.3 もう「貧しい魚」とは呼ばせない。

ビーチ・クリーンイベント「エネコ・ビーチ・クリーン・カップ」の翌日、北海シェフ協会のメンバーと共にベルギー随一の漁港ゼーブルージュにある魚市場へ向かった。
Read More...

Feature / Sdgs   Jul. 12, 2018

海洋資源を巡るエコシステムを創る 北海シェフからの便り vol.2 海を守り、魚を守るビーチ・クリーンイベント
海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.2 海を守り、魚を守るビーチ・クリーンイベント

ヨーロッパでサマータイムが始まる3月の最終日曜日、ベルギーではビーチ・クリーンイベント「Eneco Clean Beach Cup エネコ・ビーチ・クリーン・カップ」が開催される。
Read More...

Feature / Sdgs   Jun. 11, 2018

徳島県神山町Food Hub Project 少量生産と少量消費、小さいものと小さいものをつなぐこと。
徳島県神山町Food Hub Project
少量生産と少量消費、小さいものと小さいものをつなぐこと。

徳島県名西郡神山町で、2016 年に立ち上がった「Food Hub Project」。


Read More...

Feature / Sdgs   May. 24, 2018

魚を食卓から消さないために。「サステナブルシーフード」について知ろう!後編
魚を食卓から消さないために。
「サステナブルシーフード」について知ろう!後編

海はつながっています。海は世界中の共有財産。だから、世界中のみんなで守らなければなりません。


Read More...

Feature / Sdgs   May. 17, 2018

“ガストロノミーで社会を変えるシェフ”を支援する 「バスク・キュリナリー・ワールド・プライズ」
“ガストロノミーで社会を変えるシェフ”を支援する
「バスク・キュリナリー・ワールド・プライズ」

「ガストロノミーを通して社会を良くするシェフ」を表彰する「バスク・キュリナリー・ワールド・プライズ」が、5月末まで、候補者を募集中です。


Read More...

Feature / Sdgs   May. 17, 2018

魚を食卓から消さないために。「サステナブルシーフード」について知ろう!前編
魚を食卓から消さないために。
「サステナブルシーフード」について知ろう!前編

サンマが北上してこない、イカが記録的な不漁だ……。
海の異変を知らせるニュースが最近よく伝えられます。と同時に、「サステナブルシーフード」という言葉を目にするようになりました。

Read More...

Feature / Sdgs   May. 14, 2018

海洋資源を巡るエコシステムを創る 北海シェフからの便り vol.1プロローグ~雑魚こそ北海のアイデンティティ
海洋資源を巡るエコシステムを創る
北海シェフからの便り
vol.1プロローグ~雑魚こそ北海のアイデンティティ

ベルギーの町ブルージュは、チョコレートの都として知られているが、実はチョコレートも含めて、ガストロノミーへの意識が高い町でもある。
Read More...

Feature / Sdgs   Apr. 26, 2018

食を通じて、世界を理解する。パタゴニアが食ブランド「パタゴニア プロビジョンズ」を通じて社会に問うこととは?
食を通じて、世界を理解する。
パタゴニアが食ブランド「パタゴニア プロビジョンズ」を通じて社会に問うこととは?

アウトドアウェアブランドの「パタゴニア」が、食の世界に参入――「一体なぜ?」と思いますか、それとも「やっぱり」でしょうか。
Read More...

Feature / Sdgs   Mar. 8, 2018

「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂 「レフェットリオ」とは?
「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く
フードロスに立ち向かう食堂
「レフェットリオ」とは?

もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。


Read More...

Feature / Sdgs   Dec. 8, 2017

黒くて大きなパンが増えていく理由パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事
黒くて大きなパンが増えていく理由
パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事

3月24日の朝日新聞夕刊1面を「『捨てないパン屋』の挑戦」と題する記事が飾りました。
広島のパン屋「ドリアン」の田村陽至さんが「捨てないパン屋」を目指すに至った経緯を記した記事です。


Read More...

Feature / Sdgs   May. 18, 2017

フェアトレード認定を受けた初のスピリッツメーカー「FAIR.」が掲げる“モノづくり”の視点とは?
フェアトレード認定を受けた初のスピリッツメーカー
「FAIR.」が掲げる“モノづくり”の視点とは?

コーヒー、チョコレート、ワイン、オリーブオイル……。近年、日本で手にする機会が増えて来たフェアトレードによる食品や製品は、世界中で注目され、その活動に賛同する人々によって確実に浸透しています。


Read More...

Feature / Sdgs   Sep. 20, 2016







JOURNAL / EUROPE





JOURNAL / AMERICA





PEOPLE / PIONEER





PEOPLE / CHEF





FEATURE / WORLD GASTRONOMY





PEOPLE / CREATOR





PEOPLE / LIFE INNOVATOR





JOURNAL / JAPAN





JOURNAL / AUSTRALIA





JOURNAL / ASIA





MEETUP / REPORT





ログイン

まだ会員になっていない方

現在登録しているメールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

パスワードを忘れた方は以下のフォームに登録時のメールアドレスを入力し、送信して下さい。
ご登録されているメールアドレスに仮パスワードをお送りします。

ご注意:送信ボタンは一度だけ押してください。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録

パスワードを忘れた方へ

ご登録されているメールアドレスに
仮パスワードをお送りいたしました。

まだ会員になっていない方はこちらから新規会員登録